【お茶ばかりだと飽きる】ご利用者の飲み物の好み、把握していますか?

介護について
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、水が好きすぎて水しか飲んでいないPochiです。

今回はご利用者が飲む飲み物について考えてみました。

食事内容は変えることは難しいですが、飲み物はこちらで自由に変えることができると思います。

Pochi
Pochi

毎回お茶だと飽きるよね…

飲み物はどうすればいいのか、一緒に考えていきましょう!

毎回「お茶」は飽きる

ご利用者の飲み物についてなのですが、毎食毎食お茶が提供されているご利用者をよく見かけます。
しかもおやつの時間までお茶の方もいます。

お茶がとても好きな方ならそれでもいいのですが、毎回同じお茶を提供されると大抵の人は飽きてしまうと思います。

飽きると、お茶が提供された時に「またお茶か…」となってしまいます。

ですがそれを職員に言えずに黙っているご利用者もいます。

Pochi
Pochi

話すことが難しいご利用者もいるよね…

ティーバッグタイプで大容量のタイプは安くて施設側からしたらいいのですが、味の方はいまひとつ…

お茶といってもいろいろな種類がありますが、基本的に施設に最初から置いてあるお茶は大抵あまり美味しくはないです。

しかもティーバッグタイプは、やかんに入れて職員側で濃さを調節しなければなりません。

そしてこの濃さを調節するのがすごい難しい。煮出したお茶の色だけで判断するとほぼ失敗します。

味見をしないと、ご利用者に提供したときに、「まずい」と文句を言われてしまう可能性大ですので、どんなに忙しくても味見だけはしましょう。忙しい時ほど味見をせずにパパッと作って提供してお茶がマズイ…ということはよくあります。

お茶がだめというわけではありません。

麦茶はミネラルが豊富なので夏場のミネラル補給にも最適ですし、緑茶は気分を落ち着かせたりする効果もあります。


ただ、毎回緑茶、毎回麦茶だとどうしても飽きてしまいます。
さらにそれがあまり美味しくないと…飲むのが億劫になってしまいます。

ご利用者の中でお茶を提供してもほとんど飲まない方いませんか?
もしかしたら、お茶が美味しくないか、飽きてしまっている可能性があります。

またお茶にとろみ剤を入れるとめちゃくちゃ不味くなります。
私は飲んだことありますが、めっちゃ不味くて最後まで飲めませんでした。

時間があるときにとろみつきのお茶を味見してみると、ご利用者の気持ちがわかるかもしれませんね!

ご利用者の好み、把握していますか?

あたり前ですが、ご利用者にも好みはあります。私たちもそうですよね。

Pochi
Pochi

私はボルビックが好きです!(どうでもいい)

ご利用者の好みを知るためには本人に聞くのが一番手っ取り早いのですが、自分でうまく伝えられないご利用者もいます。

そんなときは記録をみると載っているかもしれません。
記録には入所までの経緯や既往歴だけでなく、その人の趣味・嗜好なども載っている場合があります。
もし載っていない場合はこちらで色々試してみるしかありません。

とはいえ、ご利用者は大体甘いものが好きです。なぜなら歳をとるとともに味覚機能は低下していきますが、甘味は比較的感じ取ることができるからです。

甘いものを提供すればほぼ間違いないと思いますが、甘いものとは具体的に何があるのでしょうか?

ご利用者が好む飲み物

コーヒーは定番ですよね。もちろんブラックは苦いので砂糖とミルクやクリープを入れましょう。

ココアもいいと思います。ココアはカカオポリフェノールも含まれるため健康にもいいです。また、便秘にもいいとか…

あとはジュースもありますよね、カルピスとかミルクティーなど甘味の強いものがいいと思います。
柑橘系や炭酸系は好みが分かれるかもしれません…

他にはラテもいいと思います。
最近だとスティックタイプなどもありますよね。
ラテもかなり種類があって、ほうじ茶ラテ、ココアラテ、抹茶ラテ、紅茶ラテなどなどたくさん種類があります。ラテ系は大体の方が飲んでくれたので選択肢のひとつとしてアリかなと思います!

Pochi
Pochi

ちなみに「ラテ」とは正確には「ラッテ」と発音するのですが、イタリア語で「ミルク入り」という意味です。似た言葉でオ・レがありますが、オ・レの「レ」はフランス語で「ミルク入り」という意味です!

あとは甘いものではないのですが、梅こんぶ茶も結構評判が良かったりします。

お茶系が好きなご利用者にはぜひ提供してみてください。きっと喜んでくれると思います。笑

ほうじ茶やウーロン茶などにしていつものお茶に変化を出すのもいいですね。

また、紅茶もアリです。ただ粉をお湯で溶かしたままだとほとんど甘味はないので砂糖を入れて、調節しましょう!

甘味を強くする際は砂糖の量に気をつけましょう。
あまりにも入れすぎると血糖値が急上昇する原因になります。(血糖値スパイクといいます。)これは市販の缶コーヒーなどと同じ理屈ですね。

また、糖尿病を持っている方に提供する際は注意が必要です。軽度であれば1日1杯くらいなら大丈夫かもしれませんが、重度の場合は危険な状態になるかもしれません。

提供したいと考えている場合は、看護師や上司に相談してからにしましょう!!

提供の仕方にも工夫できることがある

次に飲み物の提供方法なのですが、これにもちょっとした工夫ができます。
その工夫とは飲み物を入れる容器を変えることです。

普段はプラスチックのコップに入れて提供していませんか?
それでもいいのですが、自分で飲むことができる方には容器を変えるだけでも少し気分転換になります。

入れ物を陶器にしてみる

この方法はお茶系に限った話になってしまいますが、容器を陶器の入れ物にすることです。

おそらく施設には面会者が来たときに使用する陶器の入れ物があると思うのでそれで大丈夫です。
それに緑茶とか注ぐとなんかいい感じになります。「和」な感じが出ます。笑

私の場合は、コロナの影響で面会がオンライン面会になっているためオンライン面会の際に陶器の器にこんぶ茶を入れて提供していました。
お茶を飲みながらゆっくりお話できるかなと思ったからです。
そのご利用者は結構喜んでくれました!

このように提供の仕方にも工夫できることはあります。
私の場合は入れ物を変えてみるという工夫をしましたが、他にも工夫できることがあるかもしれません。
思いついたら積極的に挑戦してみましょう!

水分補給の大切さ

ここで水分補給の大切さについてもお話していきます。
ご利用者は普段の食事以外にも1リットルの水分を補給することが望ましいといわれています。

高齢者でも身体の60%ほどが水分のため、水分が足りないと免疫力が低下したり、血液の循環機能が悪くなったりといったことにつながります。

もしいつも水分補給ができていない方がいる場合は、飲み物を変えてみると飲んでくれる場合があります。砂糖入りの飲み物の場合はある程度のカロリーも摂取することができます。

水分不足は脱水になり、さまざまな不調の原因になるため、水分不足には注意しましょう!

さいごに

いかがでしたでしょうか。
飲み物ひとつを取っても意外と奥が深いかなとおもいます。

飲み物の内容や飲み物を入れる器など工夫できることは沢山あると思います!

毎回お茶だと飽きてしまうので、おやつの時間だけでも飲み物に変化を加えるだけで、おやつの楽しみが増えるかもしれません。

甘いものにすれば、とろみを入れてもお茶にとろみを入れた時よりも味はだいぶマシになります。

いろいろな飲み物を買ってきて喫茶風にするのも面白いですね。

ボードなどにメニューを書いてご利用者に何が飲みたいか決めてもらうと、ご利用者の主体性が出るのでより良いのではないかと思います。

オリジナリティ溢れる提供方法で一目置かれる職員になりましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました