【介護業界の実態】これから介護学校に入る人は全員みるべし!

介護について
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、Pochiです。

今回はタイトルの通り、これから介護の学校に入ろうかと考えている方に介護歴3年の私が介護業界の実態についてお話ししていこうと思います。

おいおい…たかが3年だろ…

と思う方もいるかもしれませんが、逆にいえば3年でも介護業界の実態についてわかってしまうということです。

今回の記事は主に次の方に役立つ内容です。

・これから介護学校に入ろうか悩む高校生の方
・同じく介護学校で学ぼうと考えている社会人の方

介護学校の説明会に行くと介護業界についていろいろ説明されると思います。
それの真偽についてお話ししていこうと思います。

介護の給料は悪くない

いきなりお金の話になってしまいますが、

介護業界の給料は悪いと言われているけど、実際は悪くない

こんなことが言われることがあると思います。

これについての真偽なのですが、言葉通りに受け取ると、痛い目を見ます。
どういうことなのかお話ししていきます。

「給料悪くない」は夜勤込みの金額

介護の給料は「夜勤を入れれば」たしかに悪くはない給料です。

ただし、何度も言いますが、「夜勤を入れれば」の話です。

ちなみに、夜勤をやると「夜勤手当」がつきますが、1回につき5000〜8000くらいで施設によってまちまちです。

夜勤の仕事内容

しかし、介護の夜勤は基本的にめちゃくちゃ長いです。16時間拘束は当たり前です。

具体例を出しますと、16時45分〜翌9時までなど。この場合、拘束時間は16時間15分です。

また、仮眠時間もありますが微々たる時間で2時間くらいです。これだけでも夜勤の過酷さが伝わると思います。

また、夜勤中は、
・夕食、朝食介助
・ナースコールの対応
・2回のおむつ交換
・巡回、記録の入力
・夕食後の臥床介助
・朝の離床介助
などやることが結構あります。

そして夜勤終わりの日は「夜勤明け」扱いとなり、次の日は必ず「休み」になります。2日連続休みになることもあります。
例えば、こんな感じです。

日にちシフト
1日夜勤
2日夜勤明け
3日休み
4日日勤

この場合、先ほどの時間の例であげると、1日の16時45分〜2日の9時までが勤務時間となります。

ちなみに、「準夜勤」がある施設だと9時間拘束になったりしますが、この場合は「夜勤明け」がなくなります。

とはいえ、夜勤があると生活リズムが崩れる可能性が高いです。

夜勤あり、なしでの給料の違い

夜勤の回数は施設によりますが、月に4〜6回ほどあります。

夜勤の回数が多いほどその分、手当もつきます。

Pochi
Pochi

例えば、夜勤手当が8000だと、6回で48000がつくことになるね。

夜勤手当込みなら手取り20はもらえるでしょう。

しかし、夜勤がない場合は手取りが15〜17くらいになることもあるため、給料が悪くないとはあまりいえません。

施設によって給料の額はかなりばらつきがあるためしっかり調べておく必要があります。

介護に力は必要ない

介護学校の説明会にいくと、こんなことを言われると思います。

介護に力は必要ない

これは本当に鵜呑みにしない方がいいです。介護に力は必要です。
もちろん男性並みの力が必要というわけではありません。

「ボディーメカニクス」という技術を使用したり、自分にかかる負担を軽減したりする方法を学んだりするため力が必要以上にいることはないです。

しかし、1日に何人もの方を介助するため、力がいらないということはないです。

しかも相手は人間で、力が入らないご利用者が相手だとめちゃくちゃ重く感じると思います。
さらに、女性介助者でも男性ご利用者を介助しなければならないため、かなり過酷です。

介護に力入らないは、私は嘘だと思います。

介護はやりがいのある仕事

他にも「介護はとてもやりがいのある仕事」だと言われることがあると思います。

これについては、「やりがいはある」といえます。

しかし、メンタルが繊細な人ほどこの言葉は鵜呑みにしない方がいいです。

それはなぜなのか?

メンタルが繊細な人ほど鵜呑みにしてはいけない理由

それは「やりがい」を上回る「つらさ」がある可能性があるからです。

どういうことなのかというと、就職する際に一般的な「老人ホーム」に勤める場合、相手をするご利用者は「認知症」を患っている方が多いです。

認知症は脳の認知機能が低下し、主に直近の出来事を忘れてしまうことです。
「アルツハイマー型」「血管性」「レビー小体型」などがあり、タイプにより症状は異なる。
昔の出来事は比較的覚えていることが多い。以前は「痴呆症(ちほうしょう)」と呼ばれていました。

そのため、名前をなかなか覚えてもらえなかったり、いきなり泣き出してしまったり、怒鳴られたり、暴力を振ったりされることも珍しくないです。

認知症は出来事を忘れるだけが症状ではありません。
認知症のタイプによってそれ以外の症状も現れます。例えば血管性の場合はキレやすくなったりします。

そんな環境にいては、いくらやりがいがあっても、つらさが上回ってしまい自身が鬱になる可能性もあります。

また、それだけではなく職員同士の陰口なども日常茶飯事なのでそれが重なるとさらにつらさは増します。

もし現在つらいのであれば、この記事が役に立つかもしれませんので、よければ覗いてみてください。

そもそも関係づくりも難しい

介護の仕事は少し特殊で、職員以外にもご利用者との関係も築いていかないといけません。

それも、様々な病気を患っているご利用者と関係を築いていかないといけないため、そもそもが難しいです。

ご利用者のみんなが話せるわけではありません。
また、耳の聞こえない方や、目が見えない方などご利用者によって抱えている症状はさまざまです。

そのご利用者一人ひとりと関係を深めていくのはかなり大変です。

もちろん関係を深めていければいいのですが、人間なので相性もあります。苦手なご利用者も出てくるでしょう。

そのような方とも関係を深めていかなければならないのです。

そのためやりがいよりも、きつさやつらさが勝つこともあります。

介護学校に入るのに学力は関係ない

これも説明会の時に言われることがあると思います。私は言われました。

これに関しては、「本当」です。

高校時代の学力は介護学校に入ってからはあまり使うことはありません。

数学や社会、物理、英語などの知識を披露することはないです。
ただ、人体についての勉強はあるので生物が得意な人はそこで少し有利かなという感じです。

介護学校に入ればみんなスタートラインは同じなので、そこは安心してもいいと思います。

入学試験で学力試験もないところが多いですし、面接なしで書類選考だけの学校もあります。

Pochi
Pochi

私のところは書類選考だけでした!

ただし、ここで間違えてはいけないのは、あくまで「入学時」だけです。

入学後はしっかり勉強をしないと置いていかれます。
高校の時と同じように定期試験もあるため、勉強しないと卒業できなくなることも…

介護の専門学校の場合、介護福祉士の国家試験を受けるのでその勉強もしないといけないので、そこは肝に命じておきましょう。

とはいえ、介護福祉士の試験の難易度はそれほど高くはないです。

さいごに

いかがだったでしょうか?

今回は学校の説明会の時によく説明されることについての真偽をお話ししてきました。

細かいことを挙げればこれ以外にもあるかもしれませんが、もし聞きたいことがあればツイッターかお問い合わせにて教えてくれると嬉しいです。

高校生の方はこれから進路も控えていると思います。

介護を志望している方はこの記事が参考になれば嬉しいです。
とはいえ、つらいこともたくさんあるのでよく考えてから進路を決めましょう!

でも、学校生活は楽しいと思いますので、入学したらクラスメートたちとたくさん思い出を作ってください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

管理人のひとりごと

今回の記事はかなり力を入れて書きました。

介護学校は意外と嘘を言っていることがあるので、ここで介護業界の実態をみんなに伝えておきたいなと思って、この記事を書きました。

正直、学校入って就職しても嫌になって辞めたら一緒です。
時間とお金を使っただけになります。それがトラウマになることもあり得ます。

皆さんにはそうなってほしくないので今回の記事を執筆しました。ぶっちゃけると、介護業界はオススメできないです。

他にもやりがいのある素敵な職業はたくさんあるので、いろいろ経験した方がいいです。
大学行くのも素敵なことだと思います。

就職したら基本的にはそこでずっと働くことになるので就職先は慎重に決めた方がいいです。
私は流れに身を任せる感じで介護業界に入りましたが、心底後悔しています。

Pochi
Pochi

みんなは私のようにならないで…

これから寒くなってくるので体調には気をつけて頑張ってください!
微力ながら応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました