【ブログ53日目】中古ドメインが気になったから検証してみる

ブログの記録
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、中古ドメインというものが気になって仕方ないPochiです。

実はこれまで、ドメインに新規と中古があることすら知りませんでした。

そんな私がなぜ、中古ドメインの存在を知ることになったのか…

きっかけはA8.netからの1通のメールでした。

ちなみに「中古ドメイン」とは、以前まで誰かが使っていたドメインが有効期限切れなどによって手放されたドメインのこと。
それを業者が買い取って販売していたりする。
Pochi
Pochi

「新規ドメイン」は「新築の家」、「中古ドメイン」は「中古物件」と覚えるのがわかりやすいです!

中古ドメインを知るきっかけになった1通のメール

実はアドセンスに合格する前からA8.netには登録していました。

その際に楽天やらGMOやらの審査も同時にやったんですね。
どれも受かったのですが、今回のメールはGMOからのものでした。

タイトルは「アフィリエイト収益が伸び悩んでいる方へ」というなかなか怪しげなものでした、最近PV数に伸び悩んでいたPochiはまんまと見てしまいます。

そこには…

優良中古ドメインを利用しよう!
中古ドメインは新規ドメインに比べて検索結果で上位に表示されるまでのスピードが早く、ドメインパワーなども引き継げるからSEO対策にもなるよ!

内容はこんな感じです。
その後に新規ドメインと中古ドメインの比較など載っていて、それを見た私は興味が湧いてきました。

中古ドメインを知った後はどうしたのか?

メールに載っていたサイトはドメインのオークションだったため、購入は諦めました。

その後はネットサーフィンしまくって、中古ドメインのメリットやデメリットについて調べまくりました。

相変わらず情報が散乱していましたが、中古ドメインについていくつかわかったこともあります。

〜メリット〜
すでに他の人が運用してきたドメインのため、新規ドメインよりも検索結果が早く出やすい
・過去のサイトの評価を引き継ぐことができる。

この過去のサイトの評価を引き継げるのはいい意味でも悪い意味でもあります。

過去の評価が良ければ、引き継いだ時に検索結果が早く出たりするのですが、過去の評価が悪い場合は悪い評価を引き継ぐことになるので、逆効果となることがあります。

次はデメリットです。

〜デメリット〜
かなり当たり外れがある
・お金がかかる
・自分でいいドメインを見極めるのはかなり難しい

デメリットはこんな感じですね。

中古ドメインの数は多すぎるくらいあるので、自分の力だけで見極めるのはかなり難しいと言われています。

そのため、中古ドメインを取り扱っている業者に頼むのが一般的のようです。

また、ドメインはかなり当たり外れが多いらしく、お金もかかります。

安いものだと3000円とかですが、高いものは10万を超えるものまで様々です。そして、高いからといって質のいいドメインとも限らないようです。

これらの理由で中古ドメインはお勧めしないという意見もありました。

デメリットばかりに見えるが…

たしかにデメリットばかりに見えますが、いいドメインを入手すれば検索結果が早く出る可能性が高いです。

検索結果が早く出れば、介護の現状をもっとみんなに知ってもらうことができる。

こんなにいいことはないです。

しかも、私のブログはトレンドブログではなく、ビッグキーワードを狙うブログではないため、新規のままで運用していても成果が出るのはいつになるかわかりません。

中古ドメインでサイト運用はお勧めしない声もありますが、中古ドメインで成果が出た人もたくさんいるのも事実でした。

結局、可能性があるならやってみようという気持ちで手を出すことにしました。

中古ドメインはどこで手に入れたの?

中古ドメインは星の数ほどあって、自分で見極めるのは至難の業だと思ったので、アクセス中古ドメインという業者で購入しました。

このサイトは中古ドメインを選定するプロがいるので当たり外れが少ないという声が多かったので選びました。

選び方はサイトに詳しく載っているので興味のある方は見て見てください!

中古ドメイン購入後にやったこと

中古ドメインを購入後はドメインを移管しなければなりません。

「移管」とはドメインを管理する会社を変えることです。ドメインには期限があり、更新するにはお金がかかります。
払うにはドメインの管理会社に支払わなければなりません。
また、サーバーの料金とはまた別になります。

私が購入したドメインはバリュードメインに移管するドメインのため、バリュードメインの登録を先に行いました。移管は自動で行われます。

この時注意して欲しいのが、購入前に移管先のユーザー登録をしておかないと移管失敗します。失敗したらアクセス中古ドメインにお問い合わせしましょう!

銀行振り込みなら移管されるまで時間がかかりますが、クレジットで購入すると即座に移管手続きが始まります。

バリュードメインに移管した後はサーバーの変更をすることにしました。

サーバーの変更

今まで使っていたサーバーはエックスサーバーだったのですが、今回は思い切って変えることにしました。

使うサーバーは「コノハウィング」です。

料金も安く、「らくらく引っ越し」があるのがめちゃくちゃ魅力的でした。

また、ヒトデさんもめちゃくちゃ絶賛していたのでコノハウィングにすることにしました。

今まで使っていたブログを引き継ぐには本来はデータのアップロードを行ったりめっちゃめんどくさいのですが、コノハウィングのらくらく引っ越しを使うとブログを丸々コピーできるので、とても楽です。

今のところ不具合もなく、使えているのでとてもお勧めできます。

ドメインの移管

中古ドメインはバリュードメインに移管してありましたが、サーバー代とドメイン代を払う会社が違うとめんどくさいので、ドメインもコノハウィングに移管しました。

ちなみに移管する際は手数料が1600円くらいかかります。

また、移管する際にバリュードメイン側で、ネームサーバーとドメイン所有者を自分の名前や住所に変えないと移管失敗するのでご注意を!
Pochi
Pochi

中古ドメインを購入後にやったことはこれくらいです!

さいごに

いかがでしたか?

中古ドメインについて気になった方は少しは参考になったのではないでしょうか?

正直リスクもありますが、可能性があるならそれにそれに賭けてみようかなという感じで中古ドメインを導入しました。

また、何か変化があったら記事にしていこうと思います。

ついでにアドセンスはまた最初からです…笑

また合格できるように頑張っていきたいと思います。

ここまで見ていただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました