【過酷な環境】介護業界の現状の過酷さについてお話しします…

介護について
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、介護業界の現状の過酷さに焦っているPochiです。

もともと介護業界は人手不足でした。しかし、今回のこのコロナ禍でさらに状況は悪化しています。

今回はそんな過酷な介護業界の現状についてお話ししていこうと思います。

Pochi
Pochi

環境が過酷すぎてこれから入る人にはおすすめできない…

介護業界はもともと人手不足が深刻

介護業界はもともと、きつい労働力に安い賃金、世間一般的に言われている3K(きつい・汚い・危険)のイメージが強いためか、毎年人手不足でした。

3Kかはともかくとして、決して労働力に見合った賃金ではないのは確かです。

介護は資格がなくてもできるため、「誰でもできる仕事」だと思われていますが、全くそんなことはありません。

介護には強力なメンタル、フィジカルがないと続けていくのはかなり大変です。

「介護」という仕事の過酷さ

家族の介護をしたことがある方は分かると思うのですが、「介護」をするのは凄まじく大変です。

ご利用者ごとの特徴を把握して、その人に合った介護を提供しなければならないからです。

また、単純に人間ひとりを自分の力で車椅子に移したり、食事を食べさせたりは想像以上の大変さがあります。

中には暴言暴力が当たり前なご利用者もいます。

自分がよかれと思ってしたことが逆に火に油を注ぐカタチになることもあるのです。

それが続けばメンタルの繊細な方はすぐに潰されてしまいます。

介護者を取り巻く責任

介護はただ介助すればいいわけではありません。

ご利用者はいつ急変するか分かりません。

いつ急変してもすぐに対応できるように緊張感を持って業務に取り組んでいます。

また、ご利用者の安全を最優先に考えるため、ご利用者が転倒しないかトラブルが起きないか常に目を光らせながら業務を行っているわけです。

その状態で1日働けば疲弊してしまうことは想像に難くないでしょう。

常に警戒し、常に緊張感を持って仕事をしているわけです。

つまりそれだけ、介護の仕事には責任が伴うということです。

万が一ご利用者の身に何かあって対応できなければ、裁判沙汰になることもあるのです。

コロナ禍での変化

施設内で感染症が流行すると、職員は感染対策を日々の業務に加えて行わなければなりません。

もともと人手不足な業界でさらに感染対策まですると日々の業務に手が回らなくなることも珍しくないのです。

かといって感染対策を行わなければご利用者に感染させてしまうリスクが跳ね上がります。

新型コロナの場合、肺炎のリスクが高いため、感染すれば肺炎を発症して亡くなってしまうリスクが高いのです。

また、コロナの影響でやめていった職員もいます。

職員がやめれば人数が減ってさらに負担が増えます。

求人を出しても給与が特別高いわけでもなく、過酷な環境であるためほとんど入ってこないのです。

養成校の減少

介護を目指す学生が減ったことによって、介護の専門学校などの養成校もドンドン減っています。

私が入学したときも、2クラスあったのが1クラスになっていました。

また、教室がたくさんあっても生徒数が少ないため、美容の専門学生が使うことになりました。

このように、将来介護を志している学生はほとんどいません。

留学生や、社会人入試の方を除けばかなり減るでしょう。

しかも専門学校に通うにもお金がかかります。

奨学金があっても全額賄えないことが多く、数十万は負担しなければなりません。

そのため、ますます介護の養成校を志望する人が少なくなりました。

奨学金があっても50万くらいは自分で負担する必要があります。

介護の仕事の特殊性

介護の仕事は他の業界と比べて少し特殊な面があります。

それは人間関係です。

介護の場合は、正常な判断をすることができないご利用者と関係を築かなければなりません。

話すことが難しい方、耳が聞こえない方、認知機能が低下している方など症状はご利用者によって様々です。

その方たちとコミュニケーションを取って関係を築き上げるのは簡単なことではありません。

また、ご利用者だけでなく多職種連携が重要視されている介護では、職員はもちろん、看護師や栄養士の方たちとの人間関係もあります。

多種多様な方たちと人間関係を作っていかなければならないため、想像以上に過酷です。

また、人間関係を作る対象が幅広いため、その分、人間関係の悩みも尽きないことが多いです。

介護業界を改善していくために

これらの困難を抱えている介護業界で、人手不足を改善するためには、まずは給与を上げる必要があります。

国からの調整金で少しは改善されているようですが、正直まだまだ割に合わないのが現状です。

割に合わないと判断すれば、どんどん辞めていってしまいます。そうなればさらに人手不足、求人を募集したところで人は入ってこないでしょう。

上に立つ人間の方へ

施設を取り仕切っている方、経営している方にひとつだけ物申したいことがあります。

それは、スタッフさんを大切にしてほしいということです。

スタッフさんを大切にしない施設はいずれスタッフさんが辞めていき、経営が成り立たなくなっていくでしょう。

運営している以上は利益を追求したくなるのは当然かもしれませんが、あまりにも追求するあまり、最低限必要なことすらも提供できていないことは往々にしてあります。

そうなればスタッフのみならず、ご利用者にも影響がでます。

その影響のでた、ご利用者の対応をするのも職員です。

スタッフさんいてこそ施設の運営が回ることを理解するべきです。

そのスタッフさんを追い込んで、人権削減なんてしていては日々の業務すら回らず、スタッフさんの不満が爆発してストライキを起こされても文句はいえません。

スタッフさんに一斉に辞められては施設の運営どころの騒ぎではありません。

政府の方へ

そもそも見てくれるのかは分かりませんが、政府の方の中には介護や保育の賃金を上げるのが目標としている方もいるかもしれません。

ぜひ実行していただきたいです。

介護業界の人手不足を解消するには、賃金を上げるしか方法はないです。

働き方改革も難しいですし、どれだけやり方を改善したところで、相手は人間ですから、効率重視にも限界があります。

また、介護は自動化できる仕事ではないので、どうやっても介護者への負担はなくなりません。

介護はきつい仕事というイメージがあり、実際きついです。

勤務開始から1週間で辞めた人もザラにいる世界です。

介護で働く方の中にはお金のためと割り切ってる方も多いので、賃金が安ければ働く意味を見い出せません。

賃金の底上げを図るべきだと思います。

さいごに

いかがでしたか?

他の業界も人手不足だと思いますが、介護業界の人手不足も深刻です。

これからますます高齢者が増える中で介護者が減れば、業務がさらに回らなくなります。

それを改善するための大きな方法として賃金を底上げするというものです。

私は弱小ブロガーのため、どれくらいの方に見ていただけるかは分かりませんが、私にはこれくらいのことしかできないため、これからももっと広めていきたいと思います。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

介護業界の未来が明るくなることを私は願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました